公益財団法人宮崎県立芸術劇場の自主制作公演シリーズです


by jiku-no-tabi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

【三文オペラ】稽古4日目

稽古4日目!
今日は、嬉しい客人が・・・!北九州市の劇団「飛ぶ劇場」代表の泊篤志さんが見学に来てくれました!
実は、泊さんは都城市のMJホールの市民参加型舞台制作事業として、1月16日・17日で上演する『妖怪ガグレ、街に現る』の脚色・構成・演出をされています!今日はMJホールが休館日ということで稽古場に遊びに来てくれました。泊さんと永山さんは古くからのお付き合いだそうです。同じ年齢のお二人!仲良くチェック柄の洋服でした(笑)
c0171721_2159093.jpg

せっかくなので、泊さんに稽古の感想を聞いてみました!
―――稽古を見学されていかがでしたか。
『三文オペラ』は、歌が多いし簡単な曲ではないので、俳優も苦労していましたがとても楽しそうでしたね。稽古から生演奏が入って、ミュージシャンも俳優も探りながらやっていましたけど、贅沢な時間を過ごしているなぁという印象です。約1か月間演劇漬けで、じっくり作品に取り組める環境があるというのはなかなかない事なので、うらやましくもありいい作業をしているなぁと思いました。
c0171721_21361574.jpg

―――永山さんの演出はいかがですか。
永山さんはギターをご自身でも弾かれますし、音楽が大好きなので、永山さんならではのこだわりが出ていて面白かったです。本当は、永山さん自身も舞台に出たいんじゃないですかね(笑)
c0171721_21532464.jpg

―――これまでの「演劇・時空の旅」で印象に残っている作品はありますか?
#3「三人姉妹」が一番好きかな。「三人姉妹」は北九州公演もあったんですが、公演の前日に震災が起きて…。自分の劇団の俳優も2人出演していましたし、その時のことは強烈に印象に残っていますね。

―――今回出演するキャストの印象についてはいかがですか。
音楽劇なので、やっぱり音楽や歌をやっている人、歌ものを入れていたりする劇団の人達が集まっているので、楽しみですね。今回のメンバーは、これまでの流れと違って若手中心なのでちょっと心配していた部分もあったんですが、稽古を見たら全然大丈夫そうでした(笑)!
また、民衆役で一般の方達もたくさん参加されるということですが、モチベーションも生活スタイルもバラバラな人達が集まって、1つの舞台に皆んなで向かっていくのは大変だと思いますけど、いい具合にはみ出た人達のアンサンブルがどうなっていくのか面白そうだなと思いますね。本当に本番が楽しみです。
c0171721_215768.jpg


■チケット発売中!
『三文オペラ』公演・公開稽古の詳細はこちら>>>http://www.miyazaki-ac.jp/index.php?page_id=603

<宮崎公演>2016年2月5日(金)~7日(日)
会場:メディキット県民文化センター 演劇ホール舞台上舞台
料金:<全席自由>一般 3,000円  U25割 1,500円 なかよしチケット(ペア) 5,000円 
<いわき公演>2016年2月13日(土)、14日(日) 会場:いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場
<横浜公演>2016年3月5日(土)、6日(日) 会場:KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
[PR]
by jiku-no-tabi | 2016-01-13 22:02 | #8 三文オペラ