公益財団法人宮崎県立芸術劇場の自主制作公演シリーズです


by jiku-no-tabi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

稽古7日目!振り付けがいてきました!

稽古7日目!
芝居・歌に加え、振り付けがついてきました!
c0171721_1314218.jpg


振付家の児玉孝文さんは、宮崎を拠点に活動するコンテンポラリーダンス・ユニット「んまつーポス」(反対から読むとスポーツマン)のメンバーで、これまで「演劇・時空の旅」シリーズ#5「日本人のへそ」と、昨年上演した#7「ゴドーを待ちながら」でも振付家として参加していただいています!

c0171721_1318534.jpg


今日は、振付家の児玉孝文さんへ直撃インタビューしてみました!!
c0171721_13183223.jpg


◆キャストの皆さんをご覧になっていかがですか。
役のキャラと本人のキャラの接地点を見つけながら振り付けができればいいなと思っています。俳優さんがセリフ合わせをしている立居振舞いを見ながら、身体の特性や、どんなキャラクターを持っているのか探りながらやっています。
c0171721_13185731.jpg


◆「三文オペラ」の印象は。
台本を読みましたが、活字だけでは正直面白さがわからない部分もあって(笑)。でも、稽古に参加してから「ここに面白いところがあったんだな」とたくさん気づきました。やっと振り付けのイメージがおりてきているという感じです。
永山さんから、今回の舞台は「漫画チックにしたい」という話を聞いたので、振り付けでも「漫画」の要素が出せればいいなぁと思っています。
c0171721_13192913.jpg


◆舞台の振付けは、普段されている振り付けと少し違うと思いますが・・
普段、僕たちがやっているコンテンポラリーダンスの振り付けと一番違うのは、演出家がいるということと、台本があるという事ですね。どちらも違った面白さがありますが、舞台の振り付けは、さまざまな素材があるので創作しやすい反面、その枠からはみ出せない部分もあるので、その境を行ったり来たりして葛藤しますね。
c0171721_13185731.jpg


◆最後に、意気込みをお願いします。
『三文オペラ』って金字塔的な作品ですよね。昨年もいろんなところでやっていて、著名な方が出演していたり、コンテンポラリーの世界で活躍している振付家の方も、「三文オペラ」の振り付けをされているので、他の『三文オペラ』とは違う味が出せればいいなと思っています。

■チケット発売中!
『三文オペラ』公演の詳細は>>>こちら
[PR]
by jiku-no-tabi | 2016-01-16 22:00 | #8 三文オペラ