公益財団法人宮崎県立芸術劇場の自主制作公演シリーズです


by jiku-no-tabi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

出演者紹介⑧ 木内里美さん

出演者の紹介もいよいよ終盤になってきました。
c0171721_943434.jpg
今日は、宮崎でもおなじみの木内(きない)里美さんをご紹介します。

木内さんは劇団SCOT、演劇集団かもねぎショットを経てフリーに。

1993年から1998年まで宮崎県に移住、高鍋町の野の花館を拠点に精力的に活動されていました。

その後、栃木県に移り、現在は熊本県にお住まいです。

数え切れないほど多くの舞台に出演し、高い評価を得て来られたので、とても一言で代表作を紹介することはできません!
昨年は熊本城400年祭記念公演「空にあお、地にあした」や平田オリザさん演出の「隣にいても一人」などに出演されるなど活躍されています。

これまで国内外で活動されていますが、現在は特に地域に根差しての演劇活動に力を入れていらっしゃるようです。



c0171721_9521386.jpg

昨年11月には、「みやざき演劇祭」の“南九州スペシャル公演 『やまとなでしこ~番外編~』”を作・演出・主演されたのが記憶に新しいところ。
明るく、バイタリティにあふれるおばあちゃんの役=写真右=が鮮烈な印象でした。


つい最近では、8月24日に高鍋町の野の花館で「月光の夏」の朗読もされ、木内さんの世界を堪能された方も多いでしょう。


『女の平和』顔合わせのときには、「第2の故郷ともいえる宮崎で舞台に立つことがとてもうれしい」とにっこり。
そしてワークショップの本読みでは、ふだんとはがらりと声や雰囲気が変わり、しかも迫力のある姿に、スタッフ一同びっくり。
・・・当たり前ですよね、舞台女優さんですもんね。でもやっぱり、ものすごい集中力と人をひきつける力に驚いてしまいました。
[PR]
by jiku-no-tabi | 2008-09-03 10:05 | #1 女の平和 出演者