公益財団法人宮崎県立芸術劇場の自主制作公演シリーズです


by jiku-no-tabi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:#2 シラノ 概要( 15 )

アフタートーク

公演を振り返って
14日の公演終了後に盛り上がった、アフタートークの様子をご紹介します。
c0171721_1205735.jpg

アフタートークにもたくさんのお客様が残ってくださり。
前田晶子さんの司会でスタート。
まずは永山ディレクターが、「演劇・時空の旅」シリーズについて簡単に説明し、「シラノ」を選んだ理由や、今回の公演の構想・構成、メンバーを選んだ方法などについてトークを展開。

そして、おもむろにキャストが登場しました。


まずはキャストによるごあいさつ!
豊永くんが「僕は一番年下だったので、先輩方がどうやって役作りをし、作品について考え、舞台を創っていくかを間近で見て、ほんとうに勉強になりました」とひとこと。
その謙虚な内容に、いっせいに「ヒデ~~~」「ほんとにーーー!?」と末っ子をいじりはじめるキャストたち。なんかもう、ファミリーな雰囲気が伝わってきます。


続いてピアニストの野口先生。
「演劇とのコラボレーションは初めてで、喜んで参加しました。演劇は総合芸術。音楽も含めて、その素晴らしさを子どもたちにも伝えていきたい」



c0171721_126536.jpg

次はチームリーダー・有門さん。
「古典をやるのは初めてで、せりふを自分の言葉にするのが大変でした。慣れない言葉に留学生みたいな気持ちでした。でも本当に、幸せな経験ができたと思います」

そして恵ちゃん。
「自分の芝居感が変わりました。言葉を自分の肉にするのに苦労しましたが、最後は思いを言葉にのせることができました」



c0171721_12494112.jpg

渚ちゃんは「演劇経験は浅いし、古典は初めてだし、みんなの足を引っ張らないかと心配しました。でも、みんなのプラスのエネルギーに支えられて今日まで来られました」とにっこり。

続く河野くんは「数年ぶりの役者としての舞台、せりふをばっちり覚えようと気合いを入れて来たら・・・せりふがなかった(笑)!これからの糧にしたい経験になりました」。

後藤さんは「このひと月、毎日毎日芝居を創ってきました。楽しかった!一番感動したのは僕かもしれません」と大きな目がうるんで見えました。


舞台ではスゴイ(観た人は分かるでしょう)けど、普段はクールなキクちゃん。
「永山さんの演出は、いいとも悪いとも言わずに何度も繰り返されて。いろいろ試してみました。毎日8時間の稽古はすごく楽しかった。この1カ月の稽古やキャスト・スタッフの思いや頑張りが今日の作品になって、美しいと思いました。もう、泣きながらほかのキャストの演技を観てました」



c0171721_12551665.jpg

そして、最後はあべゆうちゃん。
「宮崎って同年代の役者が少ないんですよ。九州の、同年代の役者と一緒に創る作品、毎日違う試みをしてくるキャストの力、本当に飽きなかったし楽しくて仕方ありませんでした。刺激的で、幸せでした。私の役は、何なんだ!?という疑問を最後まで持ちながら演じました!」


このあと、それぞれが地元の劇団での今後の活動などを紹介して、
40分も沸きに沸いたアフタートークは終わりました。


キャストの今後の活動については、またこのブログでも紹介していきますね。
[PR]
by jiku-no-tabi | 2010-02-17 13:00 | #2 シラノ 概要

当館が不定期で発行している「劇場通信」のVol.7で「シラノ・ド・ベルジュラック」を取り上げています!
c0171721_1717244.jpg

先日行われた記者懇談会やワークショップの様子を紹介しています。
また、公開稽古のご案内も!
永山ディレクターのお言葉も!

劇場内ラックや、宮崎県内のプレイガイドなどに順次設置配布しますので、ぜひ手にとってご覧くださいませ~。


そしてそして。
Vol.8も1月に発行予定です。
今度は「シラノ」チームの稽古の様子や、キャストからのメッセージなど盛りだくさんの内容でお送りしたいと意気込んでおります。お楽しみに☆
[PR]
by jiku-no-tabi | 2009-12-24 17:20 | #2 シラノ 概要
「シラノ」チームのみなさん、WS&記者懇談会、お疲れさまでした。


さて、シラノメンバーは結構マメ。
ブログをやっている人が多いんです。
そして、早速、宮崎での日記だの感想だの、食べ物の話だの、焼酎瓶の写真だのがUPされています。

ぜひご覧ください。


★松本恵ちゃんのブログ「MEGUミログ」はこちら

☆菊沢将憲さんのブログ「空間再生事業 劇団GIGA公式ブログ」はこちら

◇豊永英憲さんのブログ「カラシニコフは眠らない」はこちら

◆ピアニスト野口先生のブログ「福岡女子短期大学音楽科ブログ」はこちら

○河野ミチユキさんのブログ「河野ミチユキのなんてろぐ」はこちら
[PR]
by jiku-no-tabi | 2009-12-19 09:02 | #2 シラノ 概要


福岡発のアートイベント「くうきプロジェクト」(菊沢将憲さん主催)のクリスマス会が12月19日(土)に福岡市立少年科学文化会館で開催されます!

菊沢さんの劇団「空間再生事業 劇団GIGA」と交流がある韓国の「劇団トケビ」による人形劇や、テコンドー披露、サムルノリの演奏ほか、くうきプロジェクトのメンバーによるフリーマーケットやアートの展示、パフォーマンスなどもあるそうです。
韓国と日本のたくさんの大人と子供たちが参加して盛り上げる交流イベント、ぜひご参加くださいませ!


◆くうきプロジェクト クリスマス会 「みんな こどもだ!」
 みんなでつなぐアジアのかけ橋

 2009年12月19日(土) 16:00~19:30 ※15:30開場、入退場自由
 福岡市立少年科学文化会館(福岡市中央区舞鶴2-5-27)
 参加費無料・定員700人
 お問い合わせは福岡市立青年センター TEL 092(712)2947


詳細は
くうきプロジェクトブログ(こちら)へ!
[PR]
by jiku-no-tabi | 2009-12-16 16:55 | #2 シラノ 概要
12月16日午後からのワークショップの様子。
c0171721_1611436.jpg

「私はあなたを、恋しているのです」から始まる長ゼリフを使って。
片思いの相手に、切実に恋心を訴えるキャストの皆さん。うーん、切ないですねえ。。。


c0171721_1655371.jpg
あべゆうちゃんは河野ミチユキくんを想い、河野くんは日下渚ちゃんを恋し、渚ちゃんは有門正太郎くんに片思い・・・という8角関係(最終的にあべゆうちゃんを追いかける人はいず、孤独にひとり残されるゆうちゃん・・・「悲しい!」を連発でした)

ワークショップは15時に終了。
みんな、次に会うときはもう年明け2010年1月ですね!
それまでインフルエンザや過労には十分気をつけて、元気に宮崎で再会しましょう★
[PR]
by jiku-no-tabi | 2009-12-16 16:08 | #2 シラノ 概要
「シラノ・ワークショップ 冬の陣」(勝手に命名)の2日目。
昨夜の懇親会でのお酒もすっかり(?)抜けてさわやかな笑顔のキャスト陣は10時に集合。
ウオーミングアップ!

そして11:00から、マスコミの方々をお迎えして記者懇談会を開催しました。
c0171721_13312182.jpg

なんだか緊張の面持ちの10人。

まずは永山Dが「演劇・時空の旅」シリーズ企画の説明を。


c0171721_13334374.jpg
続いて、今回の上演作品「シラノ・ド・ベルジュラック」とキャストを紹介し、ダイジェスト版で台本をリーディングしました。


c0171721_1334930.jpg

作品の構成には、ある仕掛けがされているらしく、いま永山Dが頭をひねっているところだそう。
どうなるかは本番まで、誰にもわからないのです!




その後、記者の方々から次々と質問が寄せられ、盛り上がりを見せた懇談会でした。


そして今から、ワークショップ再開です★
[PR]
by jiku-no-tabi | 2009-12-16 13:37 | #2 シラノ 概要
c0171721_11414979.jpg
熊本を拠点に活躍している我がシラノチームの豊永英憲さんが所属する「劇団きらら」の最新作が近く上演されます。

昨年の「演劇・時空の旅シリーズ♯1 女の平和」に出演いただいた宗真樹子さんも出演です!

「シラノ・ド・ベルジュラック」の前に、ぜひ!
熊本と福岡での舞台をご覧ください!

◆劇団きらら 「死なない一生」

 作・演出 池田 美樹
・熊本
 日 時  11月6日(金)18:00
7日(土)14:00/18:00
           8日(日)13:00/16:00
 会 場  熊本 アートロフト (熊本市現代美術館内)
 料 金  前売2,000円  当日2,500円
       日時指定 リピーター割引あり


・福岡
 日 時  12月12日(土)14:00/19:00
13日(日)14:00
 会 場  ぽんプラザホール
 料 金  前売2,000円  当日2,500円
       日時指定 リピーター割引あり


詳細はこちらをご覧ください。
[PR]
by jiku-no-tabi | 2009-10-31 14:00 | #2 シラノ 概要

菊沢将憲さん出演情報

c0171721_13391483.jpg
空間再生事業 劇団GIGA主宰の菊沢将憲さん=写真=が、第17回公演・21世紀の市民劇「蝿」に出演します!

「シラノ・ド・ベルジュラック」の前に、ぜひ!
菊沢さんの舞台をご覧ください!




◆空間再生事業 劇団GIGA 第17回公演
 21世紀の市民劇「蝿」


 日 時  10月30日(金)・31日(土)・11月1日(日) 開場・開演17:00
 会 場  清流公演内野外特設ステージ
      (福岡市博多区中洲1丁目 キャナルシティ前)
 料 金  一般 前売2,500円  当日3,000円
      学生 前売1,500円  当日2,000円
      ペア 4,000円(各回10組限定)
      ※チケットはローソンチケットでお買い求めください


 
[PR]
by jiku-no-tabi | 2009-10-03 13:47 | #2 シラノ 概要
吹く風に秋を感じはじめました・・・。

と浸っている暇もなく、シラノの公演に向けた準備は進んでおります!
あれとこれとを同時進行。

まもなく上演が始まる「みやざき演劇祭2009」で、来場者のみなさんへ届く何かが?!
[PR]
by jiku-no-tabi | 2009-08-26 17:46 | #2 シラノ 概要

出演者・スタッフ集合!

8月16日、「演劇・時空の旅」第2弾となる「シラノ・ド・ベルジュラック」のキャスト・スタッフが勢ぞろいしました。初めての顔合わせは、なごやかな雰囲気で進みました。

c0171721_1342284.jpg

↑キャストのみなさん。ちょっと緊張気味?と思いきや。
昨夜の懇親会での飲み疲れらしいです!
(「お通」で塩鍋やらはまゆうポークやら、たらふく食べた!それも4時間近く!というウワサ)



c0171721_1354366.jpg
われらが永山キャプテン、登場。

「前回は初めての企画ということもあって、県内外の多くの方から注目していただきましたが、2年目の今回は作品の中身で、実力で勝負しなければいけません。
回を重ねるうちに、どんどん質が問われてきます。
身が引き締まる思いです。
“人間がどう生きていくのか”―それはどんな時代でも、どの世界にいても、人間が考えることです。
そのヒントが、演劇の歴史の中にあると私は信じています。
この企画にかかわるキャストの皆さん、スタッフ、すべての方々に感謝しながら作品づくりをしていきたいと思います」


続いてキャストの皆さんが自己紹介と、意気込みを発表!
c0171721_13555140.jpg
まずは、都城市の「こふく劇場」から、あべゆうさん。
「前回の『女の平和』のとき、出たくてスケジュールを空けて待っていたんですけど、出られなくて残念でした。
今回、参加できることになってとてもうれしいです。
以前、『シラノ』を引用した作品に出たことがあって、好きな作品です。
いい作品をつくっていきたいと思います!」



c0171721_1359316.jpg
次は北九州市の「飛ぶ劇場」から有門正太郎さん。
「古典作品は初めてなので、ワクワクしています。
昨日本読みをして、大変さを実感しましたが。
北九州芸術劇場で舞台技術スタッフもしているので、役者としてだけでなく、スタッフの一人としても作品づくりにかかわっていきたいと思っています」



c0171721_1433828.jpg
続いて、熊本市の「劇団0相」の河野ミチユキさん。
「普段は劇作と演出をしていて、演じることはあまりないんですが、今回、俳優として呼んでいただいてうれしく思っています。
宮崎に長期滞在をして、チームを組んで作品づくりをしていくということが、新鮮で楽しみです」



c0171721_1471798.jpg
そして福岡市・空間再生事業 劇団GIGA」の菊沢将憲さん。
「この『シラノ』という戯曲は、何度読んでも泣けます。
登場人物は、いい人も悪い人も、それぞれ自分なりのかっこよさを持っていて、戦場という極限状態でそれがひとつになっていく、本当にいい作品だと思います。
演劇の舞台も、戦場と同じような、言わば極限状態の“晴れ舞台”。
そこで自分なりの心意気を出せたら」



c0171721_14114812.jpg
あれ、この顔は!
そう、前回も参加してくれた、長崎市・F's Companyの松本恵さんです。
「前回の作品づくりにかかわれたことは、いまの自分にとって大きな糧となっています。
2回目の参加で、もっといいものをつくらなくちゃというプレッシャーも感じています。
『シラノ』は読むたびに涙が出ます。
登場する男性たちがとてもかっこいい!
今回の作品にかかわれることを、本当にうれしく思っています」



c0171721_1415781.jpg
熊本市の「劇団きらら」からは豊永英憲さん。最年少の大学生!
「ざっくばらんに座を組んで顔合わせかと思ったら、こんなちゃんとした感じで・・・こんなシャツですみません(笑)。
劇団きららでは、代表があてがきで書いた作品に出るという、ぬくぬくとした環境でやってきたので、今回は、ちょっと恥ずかしいですが、初心に帰って芝居をしたいと思っています」



c0171721_14182859.jpg
佐賀市の「劇団Ziシアター」からは後藤峰彦さんが参加。
「演劇・時空の旅シリーズに佐賀から初の参加です。
日ごろは仕事をしながら、脚本を書いたり役者をしたりしていますが、今回は長期間合宿みたいに滞在して、芝居に没頭できる環境をつくってもらって、感謝しています。
自分らしさを出していきたいと思います」



c0171721_14213967.jpg
最後は、大分市「演劇ユニット水中花」の日下渚さん。
「県外の劇団や演劇人とかかわった作品づくりや出演の経験があまりなく、演劇人サミットや、この演劇・時空の旅という企画についても、知ったのはわりと最近です。
九州を代表する俳優の皆さんが参加する今回の企画に、私みたいなひよっこを呼んでもらえたことは、幸運だしチャンスだと思っています!精一杯がんばります」











前回とはまた違ったカラーのチームになりそうです。

みなさんも、どうぞお楽しみに!!!!!
[PR]
by jiku-no-tabi | 2009-08-16 14:28 | #2 シラノ 概要