公益財団法人宮崎県立芸術劇場の自主制作公演シリーズです


by jiku-no-tabi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

吹く風に秋を感じはじめました・・・。

と浸っている暇もなく、シラノの公演に向けた準備は進んでおります!
あれとこれとを同時進行。

まもなく上演が始まる「みやざき演劇祭2009」で、来場者のみなさんへ届く何かが?!
[PR]
by jiku-no-tabi | 2009-08-26 17:46 | #2 シラノ 概要

出演者・スタッフ集合!

8月16日、「演劇・時空の旅」第2弾となる「シラノ・ド・ベルジュラック」のキャスト・スタッフが勢ぞろいしました。初めての顔合わせは、なごやかな雰囲気で進みました。

c0171721_1342284.jpg

↑キャストのみなさん。ちょっと緊張気味?と思いきや。
昨夜の懇親会での飲み疲れらしいです!
(「お通」で塩鍋やらはまゆうポークやら、たらふく食べた!それも4時間近く!というウワサ)



c0171721_1354366.jpg
われらが永山キャプテン、登場。

「前回は初めての企画ということもあって、県内外の多くの方から注目していただきましたが、2年目の今回は作品の中身で、実力で勝負しなければいけません。
回を重ねるうちに、どんどん質が問われてきます。
身が引き締まる思いです。
“人間がどう生きていくのか”―それはどんな時代でも、どの世界にいても、人間が考えることです。
そのヒントが、演劇の歴史の中にあると私は信じています。
この企画にかかわるキャストの皆さん、スタッフ、すべての方々に感謝しながら作品づくりをしていきたいと思います」


続いてキャストの皆さんが自己紹介と、意気込みを発表!
c0171721_13555140.jpg
まずは、都城市の「こふく劇場」から、あべゆうさん。
「前回の『女の平和』のとき、出たくてスケジュールを空けて待っていたんですけど、出られなくて残念でした。
今回、参加できることになってとてもうれしいです。
以前、『シラノ』を引用した作品に出たことがあって、好きな作品です。
いい作品をつくっていきたいと思います!」



c0171721_1359316.jpg
次は北九州市の「飛ぶ劇場」から有門正太郎さん。
「古典作品は初めてなので、ワクワクしています。
昨日本読みをして、大変さを実感しましたが。
北九州芸術劇場で舞台技術スタッフもしているので、役者としてだけでなく、スタッフの一人としても作品づくりにかかわっていきたいと思っています」



c0171721_1433828.jpg
続いて、熊本市の「劇団0相」の河野ミチユキさん。
「普段は劇作と演出をしていて、演じることはあまりないんですが、今回、俳優として呼んでいただいてうれしく思っています。
宮崎に長期滞在をして、チームを組んで作品づくりをしていくということが、新鮮で楽しみです」



c0171721_1471798.jpg
そして福岡市・空間再生事業 劇団GIGA」の菊沢将憲さん。
「この『シラノ』という戯曲は、何度読んでも泣けます。
登場人物は、いい人も悪い人も、それぞれ自分なりのかっこよさを持っていて、戦場という極限状態でそれがひとつになっていく、本当にいい作品だと思います。
演劇の舞台も、戦場と同じような、言わば極限状態の“晴れ舞台”。
そこで自分なりの心意気を出せたら」



c0171721_14114812.jpg
あれ、この顔は!
そう、前回も参加してくれた、長崎市・F's Companyの松本恵さんです。
「前回の作品づくりにかかわれたことは、いまの自分にとって大きな糧となっています。
2回目の参加で、もっといいものをつくらなくちゃというプレッシャーも感じています。
『シラノ』は読むたびに涙が出ます。
登場する男性たちがとてもかっこいい!
今回の作品にかかわれることを、本当にうれしく思っています」



c0171721_1415781.jpg
熊本市の「劇団きらら」からは豊永英憲さん。最年少の大学生!
「ざっくばらんに座を組んで顔合わせかと思ったら、こんなちゃんとした感じで・・・こんなシャツですみません(笑)。
劇団きららでは、代表があてがきで書いた作品に出るという、ぬくぬくとした環境でやってきたので、今回は、ちょっと恥ずかしいですが、初心に帰って芝居をしたいと思っています」



c0171721_14182859.jpg
佐賀市の「劇団Ziシアター」からは後藤峰彦さんが参加。
「演劇・時空の旅シリーズに佐賀から初の参加です。
日ごろは仕事をしながら、脚本を書いたり役者をしたりしていますが、今回は長期間合宿みたいに滞在して、芝居に没頭できる環境をつくってもらって、感謝しています。
自分らしさを出していきたいと思います」



c0171721_14213967.jpg
最後は、大分市「演劇ユニット水中花」の日下渚さん。
「県外の劇団や演劇人とかかわった作品づくりや出演の経験があまりなく、演劇人サミットや、この演劇・時空の旅という企画についても、知ったのはわりと最近です。
九州を代表する俳優の皆さんが参加する今回の企画に、私みたいなひよっこを呼んでもらえたことは、幸運だしチャンスだと思っています!精一杯がんばります」











前回とはまた違ったカラーのチームになりそうです。

みなさんも、どうぞお楽しみに!!!!!
[PR]
by jiku-no-tabi | 2009-08-16 14:28 | #2 シラノ 概要