公益財団法人宮崎県立芸術劇場の自主制作公演シリーズです


by jiku-no-tabi

<   2013年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

稽古24日目です

2013年1月も今日で最後となりました。

前日夜10時近くまで行われた「演劇・時空の旅」シリーズ#5『日本人のへそ』プレビュー公演。会場となったホールでは、朝からセットの撤去と片づけが行われています。

上演が終わると、その場所から跡形もなく消えてしまうのが舞台芸術の宿命。
『日本人のへそ』プレビュー公演の会場だった都城市総合文化ホール 大ホールもあっという間に元の状態に戻っていきます。
c0171721_20525753.jpg

少し寂しいような気もしますが、こうしたテキパキと作業を進めてくれる優れたテクニカルチームが付いてくれているからこそ、「演劇・時空の旅」シリーズ版『日本人のへそ』は上演ができているのです。

ホールから運び出された舞台セットは、宮崎公演の会場・メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)へ向かうために、トラックに積み込まれます。
c0171721_20554660.jpg

そして、、、

また、あの濃密な時間が流れる稽古場へと戻ってきました。
c0171721_20574848.jpg

ここから、宮崎公演へ向けて、より良い作品の完成へ向けて、稽古が再開されます!

プレビュー公演で得た成果を活かして創りあげられる「演劇・時空の旅」シリーズ版『日本人のへそ』。ぜひ、劇場にてその劇世界をご体感ください!!

「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本『日本人のへそ』公演詳細はこちら>>
※チラシ画像、プレビュー公演の舞台写真、これまでに掲載された紹介記事などもご覧いただけます。
[PR]
by jiku-no-tabi | 2013-01-31 23:00 | #5 日本人のへそ 概要
稽古開始から23日目となる1月30日(水)、「演劇・時空の旅」シリーズ#5『日本人のへそ』はプレビュー公演の本番を迎えました。

朝からテクニカルスタッフの手直し作業が行われました。
楽屋では、衣裳スタッフがダンスシーンや激しいシーンでほつれがでた衣裳の補修を行っています。どのセクションのスタッフも『日本人のへそ』のより良い作品創りのために、直前まで取り組みます。
c0171721_1844916.jpg

午後には、本番と全て同じように“通し稽古”をするゲネプロと呼ばれるリハーサルが行われました。
c0171721_18102144.jpg

そして、夜7時、プレビュー公演の幕があがります。
開場直前には、出演者を舞台上に集めて、本番前の最終ミーティングです。
c0171721_18132920.jpg

プレビュー公演では、用意した特設の客席がほぼ満席となる数のお客様にご来場いただきました。ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

「演劇・時空の旅」シリーズ版『日本人のへそ』は、応援してくださる皆様に支えられて、作品創りを行い、上演をすることができます。
『日本人のへそ』関係者一同、心より感謝申し上げます。


息つく間もなく来週土曜日(9日)には、宮崎公演の初日を迎えます。
プレビュー公演を経た『日本人のへそ』宮崎公演に、どうぞご期待ください!!


「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本『日本人のへそ』公演詳細はこちら>>
※チラシ画像、これまでに掲載された「演劇・時空の旅」版『日本人のへそ』の紹介記事もご覧いただけます。
※プレビュー公演の舞台写真もご覧いただけます!
[PR]
by jiku-no-tabi | 2013-01-30 23:00 | #5 日本人のへそ 概要
舞台仕込みもほぼ終了し、明日はプレビュー公演となりました。
稽古22日目です。

舞台スタッフが手直しをしている間、出演者は午前中から集まり歌の練習です。
舞台裏のスペースでは、舞台監督の土屋さんが舞台美術の加工をしていました。
いったいどんな仕掛けが施されているのでしょうか。
c0171721_23311988.jpg

舞台上では、舞台セットの建て込みもほぼ終了しています。
だんだんとお見せできる写真が減ってきました。
写真は、それぞれ設置された舞台セットとドラムを撮影したものです。
c0171721_23371017.jpg

c0171721_23372346.jpg

今日は、ほぼ丸一日を使って照明や音響、俳優の登退場のきっかけを確認する「場当たり」が行われました。

舞台美術、照明、音響、俳優陣の掛け合わせで、いったいどんな舞台空間が創られ、どんな劇世界が繰り広げられるのでしょうか。
ぜひとも明日(1月30日19時開演)のプレビュー公演にてお確かめください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本『日本人のへそ』公演詳細はこちら>>
※チラシ画像、これまでに掲載された「演劇・時空の旅」版『日本人のへそ』の紹介記事もご覧いただけます。

プレビュー公演(1月30日19時開演 会場:都城市総合文化ホール 大ホール舞台上特設小劇場)専用ページはこちら>>
[PR]
by jiku-no-tabi | 2013-01-29 23:00 | #5 日本人のへそ 概要
ついに都城市総合文化ホールに小屋入りとなりました!
稽古21日目です。

都城市総合文化ホールの舞台では、午前中から舞台セットの建て込みや照明機器の吊り込み作業が行われます。
c0171721_046592.jpg

c0171721_049517.jpg

写真は、上のほうにある何かを確かめているかのような永山ディレクター。
c0171721_0474787.jpg

舞台前側の照明吊り込みも進み、着々と舞台が作られていきます。
c0171721_0522412.jpg

プレビュー公演の会場となる都城市総合文化ホールでは、舞台上特設小劇場となるため、通常の舞台の上に客席も作り込みます。
c0171721_0532974.jpg

舞台上特設小劇場とすることで、『日本人のへそ』初演時の空気感や『日本人のへそ』という作品に適した舞台空間が作られていきます。

夜には出演者が演技スペースに上がり、仮の照明が灯っての舞台稽古が行なわれました。

プレビュー公演では、会場の機構の関係もあって、宮崎公演よりも多い数の照明機器が準備されていました。
「これぞ初日」と言えるような原初的な魅力の詰まったプレビュー公演(1月30日)まで、あと2日です!!
ぜひともご来場ください!!!

「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本『日本人のへそ』公演詳細はこちら>>
※チラシ画像、これまでに掲載された「演劇・時空の旅」版『日本人のへそ』の紹介記事もご覧いただけます。

プレビュー公演専用ページはこちら>>
[PR]
by jiku-no-tabi | 2013-01-28 23:00 | #5 日本人のへそ 概要

稽古20日目です

宮崎での稽古も今日で一区切りとなります。
稽古20日目です。

当初の予定では、翌日の移動を考慮して稽古休みとなっていた今日(1月27日)ですが、お休みを返上して出発直前まで稽古を重ねることになりました。

この20日間での休みはわずか、2日。このまま30日のプレビュー公演までノンストップでいきますので、そこまでは休み無しです。単純に計算すると「12日間に1回の休日」というハードスケジュールになっています!
c0171721_113263.jpg

ですが、出演者にはそうした過酷さを感じさせる雰囲気はありません。
プレビュー公演へ向けての気合いと情熱がみなぎっています。

宮崎の皆様と、広くは九州の皆様と、さらには日本の皆様とともに「演劇・時空の旅」シリーズ版『日本人のへそ』は創られています。

1月30日(水)19時からのプレビュー公演、2月9日(土)から11日(月・祝)までの宮崎公演、どの公演も井上ひさしさんの残された言葉を信条に、とにかく愉快で、面白く、そして真面目な「演劇・時空の旅」シリーズ版『日本人のへそ』をお届けいたします。

さぁ、都城へ出発です!!

「難しいことをやさしく。やさしいことを深く。深いことを面白く。面白いことを真面目に。真面目なことを愉快に。そして愉快なことはあくまで愉快に」(井上ひさし)


「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本『日本人のへそ』公演詳細はこちら>>
※チラシ画像、これまでに掲載された「演劇・時空の旅」版『日本人のへそ』の紹介記事もご覧いただけます。

プレビュー公演専用ページはこちら>>
[PR]
by jiku-no-tabi | 2013-01-27 23:00 | #5 日本人のへそ 概要

稽古19日目です

都城市総合文化ホールへの移動まであと2日。

本番における様々な段取りの確認や、各シーンの立ち位置調整のために、実寸を取って稽古ができる演劇ホールの舞台上に場所を移しての稽古です。
c0171721_10484892.jpg

昨日までの稽古場と違って、縦横ともに広く、踊りのシーンでは動きもよりダイナミックになってきます。

午後には、小道具類も本番仕様のものが一気に届き、プレビュー公演が近いことがよりはっきりと認識されてきました。

プレビュー公演(1月30日19時開演@都城市総合文化ホール)まで間もなくです!!!

「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本『日本人のへそ』公演詳細はこちら>>
※チラシ画像、これまでに掲載された「演劇・時空の旅」版『日本人のへそ』の紹介記事もご覧いただけます。

プレビュー公演専用ページはこちら>>
[PR]
by jiku-no-tabi | 2013-01-26 23:00 | #5 日本人のへそ 概要

稽古18日目です。

日々、めまぐるしくプレビュー公演へ向けての準備が進んでいます。稽古開始から18日目となる今日は、本番のメイクを担当していただくD・A・Iメイク事務所の串間さんによるメイクリハーサル&メイクワークショップが行われました。

毎年恒例となっているメイクリハーサル&メイクワークショップ。
まずは、メイクの串間さん、アシスタントのお二人、永山さんとでイメージの摺り合わせを行います。
c0171721_14125134.jpg

方向性がおおかた決まったところで、ベースメイクについてのワークショップです。
日常の肌ケアやメイクでも活用できる内容で、皆さん興味深々に聞いてます。
c0171721_1414263.jpg

出演者のかみもとさんにご協力いただき、実演モデルになっていただきました。
c0171721_14163889.jpg

この部屋での稽古も今日まで。
明日から2日間は、実際の大きさ通りに仮の舞台セットが組める場所に移動して稽古になります。

より良い作品とするために、ギリギリまで挑戦が続けられる「演劇・時空の旅」シリーズ版『日本人のへそ』。
プレビュー公演でその全貌が明らかになります!!


*メイクリハーサル&ワークショップの様子はD・A・Iメイク事務所のブログからもご覧いただけます。

「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本『日本人のへそ』公演詳細はこちら>>
※チラシ画像、これまでに掲載された「演劇・時空の旅」版『日本人のへそ』の紹介記事もご覧いただけます。

プレビュー公演専用ページはこちら>>
[PR]
by jiku-no-tabi | 2013-01-25 23:00 | #5 日本人のへそ 概要

稽古17日目です

プレビュー公演まであと1週間を切りました!!
本番へ向かう緊張感も漂い始めた稽古17日目です。

出演者は午前中から集まって、発声練習や歌のレッスンです。
c0171721_10532423.jpg

そして、稽古場に設置されている仮の舞台セットもより本番に近い形にするために90°回転しました。
c0171721_110438.jpg

例年になく急ピッチで進む「演劇・時空の旅」シリーズ#5『日本人のへそ』ですが、その分、スピード感と情熱が凝縮されたプレビュー公演になると思われます!

宮崎公演の魅力とは、またひと味違うプレビュー公演をぜひご期待ください!!

「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本『日本人のへそ』公演詳細はこちら>>
※チラシ画像、これまでに掲載された「演劇・時空の旅」版『日本人のへそ』の紹介記事もご覧いただけます。

プレビュー公演専用ページはこちら>>
[PR]
by jiku-no-tabi | 2013-01-24 23:00 | #5 日本人のへそ 概要

稽古16日目です

プレビュー公演へ向けて、着々と準備が整ってきています。

今日は、出演者の大迫旭洋さんのお母様(美容師!)に協力をいただき、男性陣のヘアーカットを行いました。
c0171721_1118143.jpg

稽古場を利用してヘアーカットを行ったのですが、順番待ちの風景は、床屋さんを彷彿とさせるのどかなものでした。
c0171721_1121728.jpg


プレビュー公演までに、この稽古場を利用しての稽古は、あと2日!!
そこから先は、一旦場所を移し、いよいよ都城総合文化ホールに入ります!!

歌あり、踊りあり、演奏あり、芝居あり!とエネルギーの凝縮された「演劇・時空の旅」シリーズ版『日本人のへそ』、多数の皆様のご来場を心よりお待ちしております。

「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本『日本人のへそ』公演詳細はこちら>>
※チラシ画像、これまでに掲載された「演劇・時空の旅」版『日本人のへそ』の紹介記事もご覧いただけます。

プレビュー公演専用ページはこちら>>
[PR]
by jiku-no-tabi | 2013-01-23 23:00 | #5 日本人のへそ 概要

稽古15日目です

2回目のお休みを経て、稽古15日目になりました。
丸2週間が経過したことになります。

毎日午後2時から午後10時まで夕食休憩を挟みながら7時間の稽古を繰り返していますので、猛スピードでこの2週間を駆け抜けた印象があります。

しかし、本番はまだこれからです!作品のさらなる向上を目指して、より一層ボルテージを上げて進んでいきます!!

稽古場そばの展示も公開稽古から本番仕様にマイナーチェンジしました。
c0171721_2249455.jpg

今日は、稽古を途中で抜けて、宮崎ケーブルテレビの「てげテレ」という生放送番組にゲスト出演させていただきました。
写真は、リハーサルの風景を撮影したものです。
c0171721_2251163.jpg

MCの皆様、番組スタッフの皆様、ご覧いただいた視聴者の皆様、本当にありがとうございました。
そして、まだご覧になっていらっしゃらない方は、宮崎ケーブルテレビ(地上11チャンネル)で再放送もありますので、よろしければぜひご覧ください。

「演劇・時空の旅」シリーズ#5『日本人のへそ』は、宮崎の皆様のお力添えをいただいて創られています。

さて、演出の永山ディレクター、出演者の雪丸さんが「てげテレ」出演のために稽古場を留守にしている間、稽古場では自主練習が行われていました。

皆さん、踊りや歌の確認に余念がありません。
c0171721_22583664.jpg

もちろん、楽器の練習も怠りません!
c0171721_22592727.jpg


舞台美術の満木さんから新しい図面が届き、舞台監督の土屋さんがそれに合わせて目印となるビニールテープを稽古場につけてくださいました。
c0171721_2331889.jpg

日々、更新される舞台セット、小道具、衣裳、振付、演出。
それらすべては、できるだけ作品のクオリティを高めて、より良い「演劇・時空の旅」シリーズ版『日本人のへそ』を観客の皆様お届けできるようにするためです。

『日本人のへそ』プレビュー公演まであと約1週間。
まだまだ頑張っていきます!!


「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本『日本人のへそ』公演詳細はこちら>>
※チラシ画像、これまでに掲載された「演劇・時空の旅」版『日本人のへそ』の紹介記事もご覧いただけます。

プレビュー公演専用ページはこちら>>
[PR]
by jiku-no-tabi | 2013-01-22 23:00 | #5 日本人のへそ 概要