公益財団法人宮崎県立芸術劇場の自主制作公演シリーズです


by jiku-no-tabi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

チケット好評発売中!

冷え込みの厳しい季節となってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

そんな師走の中、先日12月8日(日)に「演劇・時空の旅」シリーズ#6『シラノ・ド・ベルジュラック』のチケットが一般発売されました!

今回は、一般券(3,000円)や学割券(1,500円)に加えて、お得なペア券(一般2枚セット 5,000円)もご用意いたしました。

主人公シラノが時には熱烈に、時には切なく語る「愛」が主軸となった物語を、ぜひ大切な方とご一緒にご堪能ください
(『シラノ・ド・ベルジュラック』福岡公演の前日2月14日は、バレンタインデーです!)

=======================================
「演出ノート#6」
ひとのおもい

 ひとは生きて、思っている。日々、何かを思っている。ただそれは多くの場合、言葉にすらならず、ただ風に吹かれる砂のようにいつの間にかちりぢりに消えてしまう。いやたとえ言葉になったとしても、それでもその思いのすべてをすくいきることなどできないだろう。それでも、思いは確かにそこにある。誰からも知られることはなくても、それでも確かに思いはある。
 この大地、そこにはかつて生きていたひとたちの、きっと言葉にすらならなかった思いが無数に眠っている、はずである。その大地の上に、わたしはいま、生きて、いる。
 シラノは実在の人物であるが、「シラノ・ド・ベルジュラック」はロスタンという作家の妄想である。だからといってそれは存在しなかったものではない。思いという形で、それは確かにそこにあったのだ。
 ――2011年をはさんで今回再演することになったこの作品に改めて向きあいながら、そんなことをずっと考えています。
 劇場、という暗がりの中で、そんな無数の思いがそこにあったことを、その日少しでも感じていただければと、今はただ祈るばかりです。

                           永山智行(宮崎県立芸術劇場演劇ディレクター)
=======================================

「演劇・時空の旅」シリーズ#6
1897年/フランス『シラノ・ド・ベルジュラック』

作:エドモン・ロスタン 訳:辰野隆、鈴木信太郎
構成・演出:永山智行

出演:あべゆう 有門正太郎 菊沢将憲 田坂哲郎 豊永英憲 ますながあすか
    松本恵  村上差斗志 野口誠司

【宮崎公演】
(日程)2014年2月7日(金)19:00、8日(土)19:00、9日(日)14:00☆
      ☆:9日の終演後に演出家と出演者によるアフタートークがございます。
(会場)メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) イベントホール

【福岡公演】
(日程)2014年2月15日(土)14:00・19:00、16日(日)14:00☆
      ☆:9日の終演後に演出家と出演者によるアフタートークがございます。
(会場)パピオビールーム 大練習室

【チケット料金】
一般 3,000円(当日3,500円)
くれっしぇんど倶楽部会員 2,700円(宮崎公演のみ)
学割(小~大学生) 1,500円
高校生会員 1,000円(宮崎公演のみ)
ペア券(一般2枚セット) 5,000円(前売りのみ)

■チケット取り扱い、その他公演詳細は公式サイトにてご確認ください!

=======================================

c0171721_22191441.jpg

[PR]
by jiku-no-tabi | 2013-12-19 17:00 | #6シラノ(2013-2014) 概要)