公益財団法人宮崎県立芸術劇場の自主制作公演シリーズです


by jiku-no-tabi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ついに大晦日。
2014年も今日まで。明日からは新しい1年が始まります。

そんな大切な日に、幸先良いスタートとなりそうなご案内です。

12月29日発売の演劇誌「シアターガイド」2月号(=新年号)のp.48「気になるあの人」のコーナーで、『ゴドーを待ちながら』に出演する日高啓介さんのインタビュー記事が掲載されています!
高校時代まで宮崎で過ごし、その後上京し、現在は「FUKAIPRODUCE羽衣」に所属して活動されている日高さん。舞台で演じている姿を見ているだけではわからない、バックボーンと柔和な笑顔の奥にある熱い思いが述べられています。
インタビュー記事を一読して『ゴドーを待ちながら』を観劇すると、より楽しめること間違いなしです。

そして、同じ2月号の「チケットインフォメーション」ページ(p.63)では、『ゴドー』を待ちながらの広告も掲載されています。よろしければ、こちらもご覧ください。

それで、実は、この「チケットインフォメーション」ページでは、6つの広告が掲載されているのですが、うち、3つが九州関連のものなのです!
1つ目は、『ゴドーを待ちながら』。
2つ目は、熊本出身の田上豊さんが率いる「田上パル」の新作『プロジェクト7』
3つ目は、宮崎県延岡市出身の本田誠さんによる「ペテカン」の『蛍の頃』。『蛍の頃』の舞台は、昭和30年代の延岡に実在したキャバレーです。

さらに、巻末のシリーズコーナー「劇顔 GEKI-GAN」では、都城出身の温水洋一さんがピックアップされています。

まさに、私たち九州人の勢いが感じられます。
「演劇・時空の旅」#7『ゴドーを待ちながら』もこの勢いを追い風にして、2015年へと進んでいきます。

『シアターガイド』は、お近くの書店または、全国の書店他でお買い求めいただけます。
(画像をクリックするとamazonへ移動します)
c0171721_12164561.jpg








*「シアターガイド」ポータルサイトはこちら>>

=========================
「演劇・時空の旅」#7
1953年/フランス 『ゴドーを待ちながら』

作 : サミュエル・ベケット
訳 : 安堂信也 高橋康也
演出 : 永山智行

出演 :
  寺田剛史(飛ぶ劇場/北九州) 
  濱砂崇浩(劇団こふく劇場/宮崎) 
  日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣/東京 ※宮崎出身)
  山下晶(グレコローマンスタイル/福岡)
 
  上杉一馬(劇団「夢」/宮崎) ※Wキャスト〔出演:2月14日(土)、15日(日)〕
  小田翔吾(宮崎公立大学演劇部/宮崎) ※Wキャスト〔出演:2月13日(金)、19日(木)〕

日程・会場 :
(宮崎公演)
  2015年2月13日(金)19:00 、 14日(土)18:00 、 15日(日)14:00
  宮崎県立芸術劇場 イベントホール

(三股公演)
  2015年2月19日(木)19:00
  三股町立文化会館

公演専用WEBサイト:
  宮崎公演>>   三股公演>>

c0171721_12194432.jpg











=========================
[PR]
by jiku-no-tabi | 2014-12-31 10:00 | #7 ゴドーを待ちながら
今年もあと2日となりました。
いよいよ年越しの雰囲気が街中にも漂っています。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、今年が終わってしまう前に、大切なお知らせを。

「演劇・時空の旅」シリーズ『ゴドーを待ちながら』では、2月14日(土)に関連企画として「みんなでつくる お好み時空寄席」を開催します。

この企画は、『ゴドーを待ちながら』が欧米のミュージック・ホール(寄席)の芸人をイメージしながら書かれたことにちなみ、「九州俳優の会」所属の俳優や九州在住の劇作家に加えて、県民の皆様といっしょに、『ゴドーを待ちながら』の本番と同じ日に、同じ舞台をつかって、寄席を開催してしまおう!というものです。
その寄席で漫才を上演し、会場を盛り上げてくださる方を大募集しています。
経験などは一切不問!なにより重視しているのは県民の皆様と盛り上がることです!!

募集要項は以下のとおりです。
皆様のご応募を心からお待ちしています。

~・~・~・~・【募集要項】~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
企画名/「みんなでつくる お好み時空寄席」~九州、寄せてみました。~
日時/2015年2月14日(土)14:00~16:00
会場/メディキット県民文化センター イベントホール


〔応募条件〕
 *年齢、性別不問
 *上演する漫才はオリジナルで5分以内であること。
 *テーマを下記のどちらかからお選びください。
  a.「待ち合わせ」  b.自由テーマ
 
 ※出演料及び交通費などの支給はございません。
 ※小道具、衣裳等は各自でご準備ください。
※参加者には、「時空特製」お楽しみ袋をプレゼント!

〔募集組数〕
 8組

〔応募締切〕
 2015年1月23日(金)必着

応募方法、企画詳細は公演専用WEBサイト、チラシ等でご確認ください。
公演専用WEBサイトは、こちら>>
チラシ画像(申込用紙付き)は、こちら>>
c0171721_1285198.jpg










~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

=========================
「演劇・時空の旅」#7
1953年/フランス 『ゴドーを待ちながら』

作 : サミュエル・ベケット
訳 : 安堂信也 高橋康也
演出 : 永山智行

出演 :
  寺田剛史(飛ぶ劇場/北九州) 
  濱砂崇浩(劇団こふく劇場/宮崎) 
  日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣/東京 ※宮崎出身)
  山下晶(グレコローマンスタイル/福岡)
 
  上杉一馬(劇団「夢」/宮崎) ※Wキャスト〔出演:2月14日(土)、15日(日)〕
  小田翔吾(宮崎公立大学演劇部/宮崎) ※Wキャスト〔出演:2月13日(金)、19日(木)〕

日程・会場 :
(宮崎公演)
  2015年2月13日(金)19:00 、 14日(土)18:00 、 15日(日)14:00
  宮崎県立芸術劇場 イベントホール

(三股公演)
  2015年2月19日(木)19:00
  三股町立文化会館

公演専用WEBサイト:
  宮崎公演>>   三股公演>>

=========================
[PR]
by jiku-no-tabi | 2014-12-30 10:00 | #7 ゴドーを待ちながら
昨日はチラシをご紹介しましたが、今日はポスターのご紹介。

チラシと同じく、寺田さん、日髙さん、濵砂さん、山下さんの4人の写真を使って作られました。
画像はこちら。(クリックすると拡大します)
c0171721_937599.jpg

チラシの裏面に使われている背景画像をポスターの下部分で使用しています。

年明けには宮崎県内を主に各地にお目見えする予定です。
どうぞお楽しみに。

=========================
「演劇・時空の旅」#7
1953年/フランス 『ゴドーを待ちながら』

作 : サミュエル・ベケット
訳 : 安堂信也 高橋康也
演出 : 永山智行

出演 :
  寺田剛史(飛ぶ劇場/北九州) 
  濱砂崇浩(劇団こふく劇場/宮崎) 
  日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣/東京 ※宮崎出身)
  山下晶(グレコローマンスタイル/福岡)
 
  上杉一馬(劇団「夢」/宮崎) ※Wキャスト〔出演:2月14日(土)、15日(日)〕
  小田翔吾(宮崎公立大学演劇部/宮崎) ※Wキャスト〔出演:2月13日(金)、19日(木)〕

日程・会場 :
宮崎公演
  2015年2月13日(金)19:00 、 14日(土)18:00 、 15日(日)14:00
  宮崎県立芸術劇場 イベントホール

三股公演
  2015年2月19日(木)19:00
  三股町立文化会館

公演専用WEBサイト:
   宮崎公演>>   三股公演>>

=========================
[PR]
by jiku-no-tabi | 2014-12-29 10:00 | #7 ゴドーを待ちながら
今年の「演劇・時空の旅」シリーズは、いつもの年より出演者数が少ないのですが、
その分出演者ひとりひとりのキャラクターが粒だってきます。

そこで、『ゴドーを待ちながら』ではシリーズ初のプロカメラマンによる撮影を敢行して、
メインビジュアルを作りました。

その写真を基に作られたチラシの表面画像がこちら(クリックすると拡大します)
c0171721_12303555.jpg

4人が演じる役名は、ヴラジーミル、エストラゴン、ポッツォ、ラッキー。
ヴラジーミルとエストラゴン、ポッツォとラッキーがそれぞれ漫才コンビのような掛け合いを繰り広げます。

なんとなく、だれが何役かがイメージできてきそうです。

=========================
「演劇・時空の旅」#7
1953年/フランス 『ゴドーを待ちながら』

作 : サミュエル・ベケット
訳 : 安堂信也 高橋康也
演出 : 永山智行

出演 :
  寺田剛史(飛ぶ劇場/北九州) 
  濱砂崇浩(劇団こふく劇場/宮崎) 
  日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣/東京 ※宮崎出身)
  山下晶(グレコローマンスタイル/福岡)
 
  上杉一馬(劇団「夢」/宮崎) ※Wキャスト〔出演:2月14日(土)、15日(日)〕
  小田翔吾(宮崎公立大学演劇部/宮崎) ※Wキャスト〔出演:2月13日(金)、19日(木)〕

日程・会場 :
(宮崎公演)
  2015年2月13日(金)19:00 、 14日(土)18:00 、 15日(日)14:00
  宮崎県立芸術劇場 イベントホール

(三股公演)
  2015年2月19日(木)19:00
  三股町立文化会館

公演専用WEBサイト:
  宮崎公演>>   三股公演>>

=========================
[PR]
by jiku-no-tabi | 2014-12-28 10:00 | #7 ゴドーを待ちながら
あっというまに2014年もあと数日。
師走の呼び名のとおり、クリスマスに大晦日にと、何かとイベントの多い目まぐるしい日々を過ごしていると、あっという間に今年も終わりを迎えてしまいそうです。

さあ、すっかりこちらでのご報告もご無沙汰となってしまいましたが、今年の総決算として、「時空の旅」シリーズ『ゴドーを待ちながら』の進捗状況についてお知らせしていきたいと思います。

まずはその1。

オーディション募集をしておりました少年役が決まりました。
なんと、Wキャストです!

お一人目は、上杉一馬さん(13才)。本当に少年です。
宮崎でミュージカルを継続して上演している「劇団「夢」」に所属されています。

二人目は、小田翔吾さん(19才)。こちらも未成年。
宮崎公立大学の演劇部に所属されています。今年の夏に宮崎県立芸術劇場が実施したリーディング公演(リーディングナウ2014『マッチ売りの少女たち』)に出演しました。

30代中盤から40代で構成される4人に加えて、10代の2人の力も借りて、「時空の旅」シリーズ版『ゴドーを待ちながら』を作り上げていきます。

=========================
「演劇・時空の旅」#7
1953年/フランス 『ゴドーを待ちながら』

作 : サミュエル・ベケット
訳 : 安堂信也 高橋康也
演出 : 永山智行

出演 :
  寺田剛史(飛ぶ劇場/北九州) 
  濱砂崇浩(劇団こふく劇場/宮崎) 
  日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣/東京 ※宮崎出身)
  山下晶(グレコローマンスタイル/福岡)
 
  上杉一馬(劇団「夢」/宮崎) ※Wキャスト〔出演:2月14日(土)、15日(日)〕
  小田翔吾(宮崎公立大学演劇部/宮崎) ※Wキャスト〔出演:2月13日(金)、19日(木)〕

日程・会場 :
(宮崎公演)
  2015年2月13日(金)19:00 、 14日(土)18:00 、 15日(日)14:00
  宮崎県立芸術劇場 イベントホール

(三股公演)
  2015年2月19日(木)19:00
  三股町立文化会館

=========================
[PR]
by jiku-no-tabi | 2014-12-27 10:00 | #7 ゴドーを待ちながら