公益財団法人宮崎県立芸術劇場の自主制作公演シリーズです


by jiku-no-tabi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

楽日@門川 ③

c0171721_959490.jpg
感動のアフタートーク、続いてはお客様から質問が。
「長ぜりふはどうやって覚えるんですか??」

最後の場面の長ぜりふを克服した川内さんがおこたえ。
「とにかく何十回も読みました。読んで、声に出して読んで、歩きながら読んで・・・。あとは永山さんと猛特訓して。とにかく読むしかないです!」

司会の前田晶子さんからも質問が飛び出しました。
「永山さん、スパルタの使者とアテナイの使節は男性の役なのに、後藤さんと福薗さんを配役したねらいは?」
永山さんは「そのあたりも、答えとか狙いとかはみなさんそれぞれに感じてもらえたらいいと思っていますが・・・」と言葉をにごすと、後藤さんが「はい!」と手を挙げました。
「稽古の時に永山さんと話したんですけど、例えば、2400年前の戦争だらけのギリシアで、平和を願った女たちが“こうなればいいのに”と願望を込めて自分たちで演じたのかもしれないし・・・って。」
なるほど~。
「男性がああなった場合、どんな姿勢になるのか分からなくて結構研究したんですよね。メイクの先生が教えてくれたりして・・・」会場からどっと笑い声があがりました。


こうして盛り上がったアフタートークの後。
涙、涙の楽屋かしらと思いながら入ってみると


c0171721_10151324.jpg

なんと女優の皆さんは差し入れの焼き芋に手を伸ばしていました!
食べ物の力、おそるべし。
みんな喜色満面、くらくらするほどの笑顔です。


c0171721_10161528.jpg
「これ、すごくおいしいのよ~。すごく」
とこちらを見た宗さんの目ヂカラの強さに、吸い込まれそう!
「そうなの、まだメイク落としてないから、不必要に目ヂカラがあるの(笑)」
カメラを構えたらすぐにポージング!
妖艶だったり、ひょうきんだったり・・・もう宗さんのトリコです。目が離せません。








こんなみなさんともうお別れだなんて、さみしいです。

キャスト陣「またやろうよ! 再演もいいよね!!」
さわやかな笑顔でいっぱいの楽屋でした。
[PR]
by jiku-no-tabi | 2009-02-17 10:22 | #1 女の平和 舞台裏